AirPods2は2019年年末までに発売、廉価版HomePodも

アクセサリ

Airpod2は2019年ホリデーシーズンのセールに合わせて発売

Appleinsiderによると、中国のサプライチェーンからの情報として、AppleはAirPodsの新型に加えて、2019年に新しいHomePodを発売する予定です。

 

バークレイズのアナリストは中国を訪問し、サプライヤーとAppleからヒアリングしたところ、2019年の年末のホリデーシーズンに間に合うように、新しい「AirPods 2」が発売される予定です。

今までは、2019年の早い時期にAirPod2が発売されると噂されていたので、なにかしらの不具合や変更があったかもしれません。

 

AIスピーカー市場のテコ入れに安いHomePod投入

 

日本では正式販売していませんが、HomePodの売れ行きが不調のため2019年に廉価版HomePodでテコ入れするそうです。

 

現在、AIスピーカー市場は、AmazonのAlexaを搭載した、Amazon EchoとGoogleのAIを搭載したGoogle Homeでほぼ2分されています。

 

AppleではHomePodを発売していますが、ライバル製品より倍以上の価格(350ドル)のため出遅れています。

 

その為、Appleは市場のより広い部分にアピールするために、2019年に安価なHomePodをリリースする予定です。

 

この話も以前から出ていましたが、2019年になりそうです。

 

興味深いのはGAFA と呼ばれる(Amazon,Apple,Facebook,Google)の内、Appleを含む3社が参入しているAIスピーカー市場で、AppleのHomePodは価格もAIも「他社と比べて劣っているのでは」という評価が定まりつつあります。
(加えて「いいのはスピーカーだけ」という評価も)
ライバルのAmazonは経営陣が「AIスピーカーでは利益を出さなくて良い」と公言しており、実際AmazonEchoのセールをする時は、輸送にかかるコストを含めると赤字といわれています。
AIスピーカー経由のAmazonでの買い物で利益を出していく、販促ツールの1つとして考えている
家電IoT化のハブとなりえるAIスピーカー市場。今後Appleがどう巻き返していくのか注目です
スポンサーリンク
アクセサリ
スポンサーリンク
RINGONEWS

コメント