Apple Watch Series 4では心電図機能を新搭載

アクセサリ

 

 

Source:Cult of Mac より

 

アップルウォッチシリーズ4についての詳細はアップルがアップグレードされたウェアラブルを発表する数日前に明らかになりました。

 

ビジネスで最も尊敬されるAppleのアナリストの一人は、Apple Watchの背面がメタルからセラミックに変わると主張する新しいレポートを出しただけです。さらに良いことに、この時計には新しい健康センサーが付属します。

 

Apple界隈で有名な、Ming-Chi Kuo氏は今日、セラミックバックがすべてのモデルに登場することを投資家に語りました。

シリーズ3のGPS専用モデルは今までセラミックバックを搭載した唯一のApple Watchでした。このセラミックの背面は、アップルが心電図を時計に載せることを認めているとも言われています。

 

新しいApple Watchモデルは、より狭いベゼルを持ち、心電図(ECG)をサポートし、すべてセラミックバックを装備します

 

とKuo氏はMacRumorsが得たノートに書きました。また

 

新しいApple Watchモデルでは、ECGをサポートするユーザーが増えると信じています。ECGサプライヤはOsram (LED design)です。

 

Osram(オスラム)とは
オスラム(Osram GmbH )は、ドイツのミュンヘンに本社をおき、LEDなどの光半導体(オプトセミコンダクター)、蛍光ランプ、白熱電球、ディスチャージヘッドランプ等を製造・販売する、シーメンスグループのランプメーカー。 Source:Wikipedia

 

心電図(ECG)を追加すると、Apple Watchはより多くの健康状態を検出して予測することができます

 

どのような方式で測るのかまだわかりませんが、以前の噂では、Appleの心電図(ECG)では、 2人の指でApple Watchを握る必要があると主張していました。次に、知覚不能な電流が人の胸を通過し、不規則な心拍数および他の異常の検出を可能にする方式でした。

 

アップルウォッチシリーズ4

アップルは9月12日、アップルパークのスティーブジョブズシアターで新しい「ウォッチシリーズ4」を発表する予定です。

薄型のベゼルで可能になったより大きなディスプレイを搭載する予定です。

より良いGPS、バッテリー寿命の向上、迅速な新しいプロセッサーも搭載が予想されています。

 

AppleはDigital Crownを変更し、ボタンの中央に円形の輪郭を追加したと伝えられています。Digital Crownとサイドボタンの間に新しいマイクの穴があります。

スポンサーリンク
アクセサリ
スポンサーリンク
RINGONEWS

コメント