Apple Watch4の予約好調、iPhone XSは予想以下

iPhone

アップルウォッチシリーズ4の高い予約注文と、5.8インチiPhone XSに対する低い期待

 

Appleは発表、そして予約を開始した新型iPhoneとApple Watchの最初の週末を迎えました。

 

気になる予約状況は、iPhone XS MaxとApple Watchシリーズ4は予想以上の予約、5.8インチのiPhone XSの予約は予想よりも低いようです。

 

AppleInsiderの 調査によれば、Appleのアナリストとして有名なクオ氏は、Appleの主力iPhone XS Maxはプレミアム端末の需要が期待通りであるとコメントしています。

 

モデルに応じて、既に出荷開始が1〜2週間後に戻っているため、同社の「高価格戦略」は功を奏しているようです。

 

人気のある理由としては、XS Maxが新しいゴールドカラーオプション、デュアルSIMサポート特大の6.5インチディスプレイで、Appleが特に期待している中国市場の需要は堅調になると予想されます。

 

Appleの新しいデュアルSIMソリューションApple WatchとiPadで既に使用されているeSIM技術に依存していますが、Appleは中国国内の通信事業者の制約でこの技術を使用した端末を販売することはできません。

代わりに、アップルは、SIMトレイの両面にそれぞれ1つずつ、2つの物理的なSIMカードをサポートする中国の消費者のための特別なモデルを構築するという余計な措置をとりました。

 

クオ氏によると、XSマックスの平均出荷時間は、昨年のiPhone Xリリースで見られた2〜3週間の出荷日よりも短いのは、サプライチェーンとの関係が改善していると考えています。

このように、アナリストはiPhone XS Maxが新しいiPhone出荷の25〜30%を占めると予測しています。

 

一方クオ氏は、5.8インチiPhone XSの需要は予想を下回っており、iPhone Xの後継機種の大部分が発売日に顧客に提供されることを指摘しています。

 

この結果、iPhone XSよりもiPhone XS MaxとiPhone XRに興味を持っているユーザーが増えていると考えています。

iPhone XRは、10月に発売予定の6.1インチLCDスクリーン搭載の新しいミッドレンジのiPhoneです。

 

「冷たい需要」を背景に、iPhone XSの割当見積もりは、すべての新しいiPhoneモデルの出荷台数の15〜20%から10〜15%に減らしました

 

差分を埋めるのがiPhone XRで、新型モデルの出荷台数の事前予想55〜60%が55〜60%になりそうです。

 

米国では749ドルからの手頃な価格設定と中国市場でのデュアルSIMサポートにより、アルミニウム製のiPhoneの需要が高まる可能性があります。

 

「10月にはXS MaxとXSの出荷ピークがあり、10月にはXRが出荷を開始し、10月にはサプライチェーンの勢いに利益をもたらすと見積もっています。「2018年の新型iPhoneの出荷台数は、前年同期からわずかに増えて7,500万〜8,000万台になると見込んでいる」

 

そして、

アップルウォッチシリーズ4は、既に複数のモデルが売り切れになると、予想以上に優れたパフォーマンスを示しています。

クオ氏は、高度な心臓モニタリングや心電図機能のような新しい機能への関心が高まっていると考えています。

 

現在、アップルウォッチのECGサポートは米国に限られており、米国ではFDAクリアランスを確保しています。

Apple COOのJeff Williams氏は、発表時に、同社はECG機能を他の国に持ち込むよう取り組んでいるが、リリース時のタイムラインは提示していないと述べました。

 

クオ氏は、Apple Watchの出荷台数は2018年には1,800万台に達し、Series 4は全体の50〜55%を占めると予測しています。

 

Source:appleinsider

コメント