Apple(Mac,iPad,iPhone)のお得情報とニュースのサイト

RINGONEWS

アクセサリ

<2018>AppleのシェアとApple Watch4による買い替えサイクル

投稿日:

appleinsiderより

 

アップルウォッチがウェアラブル端末のトップ

 

アップルは、2018年9月にApple Watch "Series 4" の発表・発売を控えていますが、そんな時期に、アップルはXiaomiを飛び越えて、世界中のウェアラブル製品でトップになりました。(昨年と比べて38%の成長率でした)

 

IDC's Wearables tracker for Q2

 

IDC Worldwide Quarterly Wearables Tracker の最新版によると、Apple は第2四半期に全世界で470万台のApple Watchesを出荷し、世界でもトップクラスのウェアラブル企業となっています。

 

Appleは、15%のシェアを握っていたXiaomiを追い抜くのに十分な17%のシェアを獲得しました。Fitbitは9.5%で3位、HuaweiとGarminが続きました。

 

Fitbitを始め、Apple以外の企業は、複数のウェアラブル製品を製作していますが、Apple WatchはAppleの唯一のウェアラブル製品なのも注目に値します。

 

ウェアラブル端末市場の拡大

 

一方、ウェアラブル市場全体は前年比5.5%増の2億790万台となりました。

 

しかしAppleはさらに成長し、前年同期の340万回の出荷台数から前年同期比38.4%増の470万台に達した。Apple は、 6月にApple Watchをブラジル、メキシコ、韓国などいくつかの新しい国でリリースしました。

 

IDCは、「アップルはウェアラブル市場で市場を席巻する成長とそのLTE対応ウォッチの継続的な需要を背景にその地位を維持している」と同報告書で述べています。

 

これにより、世界中の多くの通信事業者に歓迎されるようになりました。更に、watchOS 5が発表されたので、潜在的な交換サイクルをAppleの最新バージョンとして図表化し始めました。(注:オリジナルApple WatchはwatchOS 5では、サポート対象外になりましたので、買い替えサイクルが進むと...)

 

アップルウォッチの買い替えが始まる

 

カウンターポイント・リサーチ(Counterpoint Research)の8月31日に公開された別の調査のスマート・ウォッチ・カテゴリの方がAppleによるシェアの高さが見えます。

 

それは、Appleがスマートウォッチの41%の世界的な市場シェアを持っていて、2位のブランド、Fitbitよりも20ポイント多いことがわかりました。

 

同じ調査で、Apple Watchシリーズ1は世界で最も人気のあるスマートウォッチであり、Apple Watchシリーズ3は4番目になっています。

アップルは9月12日に開催された「ギャザリングラウンド」イベントでアップルウォッチの更新版を公開する予定です。

 

これにより、Apple Watchシリーズ1からApple Watchシリーズ4への乗り換えが加速すると思われます。

-アクセサリ

Copyright© RINGONEWS , 2019 All Rights Reserved.