Apple(Mac,iPad,iPhone)のお得情報とニュースのサイト

RINGONEWS

iPhone

<iPhone>iOS 11の利用が85%に上り、iOS12のリリース期待が高まる

投稿日:

iOS11のシェアは85%

 

アップルの開発者のウェブサイトに公開された新しいデータによると、iPhoneとiPadの85%にiOS 11がインストールされており、メジャーアップデートの iOS 12がリリースされる前に大多数が最新iOSにアップデートされていたことが判りました。

 

 

AppleStoreの9月3日のデータによると、すべてのデバイスの85%がiOS 11でした。残りのiOS デバイスのうち、iOS 10は全てのデバイスの10%を占めています。

更に、iPhone/iPadの5%がiOS 10より前のバージョンがインストールされています。

 

4月に調査した時は、iOS 11は全体の76%を占めていて、5か月で9%改善されました。

 

iOS12リリースへの期待と新機能

 

Appleは現在、次のオペレーティングシステムであるiOS 12のベータテストを実施しています。

iOS 12は、同社の9月12日の新型iPhoneの発表会 ”Gather Round" の直後にリリースされる予定です。

 

新しいiOSバージョンでは、ユーザーは、アプリ、新しいバージョンのストックアプリ、Siriショートカット、自分の顔で絵文字を作れる "MeMoji" 機能、および多くの改良がなされるはずです。

 

MeMoji(ミー文字)とは、自分の顔の絵文字を作ることができる新機能。iPhoneの顔認証技術を利用して、顔の筋肉や顔の向きと傾き、舌、視線などを認識させることで作成します。

 

iOS 11のシェアの伸びは、iOS 10に比べて遅いですが、古いデバイスを使用している方には、いくつかの変更を加えて、よりパフォーマンスの改善を実現しているため、iOS 12は、リリース後、早くシェアを伸ばす可能性があります。

 

特に、iOS 12では以前のiPhoneやiPadsのパフォーマンスを向上させるとのことなので、旧機種をお持ちの方は期待できるでしょう。

 

image: appleinsider.com

-iPhone

Copyright© RINGONEWS , 2019 All Rights Reserved.